名古屋の探偵主婦のなごやか日記

名古屋在住の探偵主婦なごみが綴る、非日常的な日常

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --    top

ストーカー 2-4 

名古屋の探偵団、隊長です

ストーカー事件のつづきです

2-1 2-2 2-3

その後も何度が森田の車の横を歩いてみたが

脅迫文やテプラーの文字を確認するまでには至らなかった

そうこうするうち、森田の車が動き出した

自宅とはまったく別の方向に向かっている

というより、被害者であるE子さんの家に向かっている!!

森田はE子さんの家が見える場所に車を停車させ

様子をうかがった後、家のまわりを車で一周まわった

そして、近くのコンビニに車をとめ

ポストに封筒を投函した

森田は仕事(ストーカー行為)を済ませ満足したのか

なにくわぬ顔をして買い物を済ませ、帰宅した

週明け、予想通り、封筒が届いた

隊長たちが確認したのと同じ色の封筒、同じ色のテプラー

そして、同じエリアの消印

犯人が森田であると100%確定

A社、E子さんと相談し

次の犯行時に、森田と接触をする段取りとなった

平日の監視中は何もなかったが

先週同様に、週末に動きがあった

前回と同じ服装で、車に乗り込み、同じ公園にやってきた

先週に購入していた封筒の数と、届いた封筒の数が一致していなかったため

森田の手元にはまだ、同じ封筒が残っていることは確かであった

車内では封筒に何かを詰めているようである

つぎの移動先で森田を問いつめるため

E子さんとその上司の方が現場へ向かう

森田は準備ができたのか、公園を離れ、市内のコンビニにやってきた

E子さんと、上司の方も近くまで来ていたことや

タイミングをのがすと、逃げられる恐れもあるため

隊長たちが先に森田に接触をした

知らない男たち(隊長たち)に話しかけられ

シラをきる森田

しかし、少しずつ自分の置かれた立場がマズイことに気づきだしたのか

挙動不審になりだした

と、その時E子さんと上司の方が到着

E子さんは車内からは出ては来なかったが

上司の方が森田の前に立ちはだかる

森田の表情は一変した

「今、自分は崖っぷちに立たされている

その状況を変える術はない。今から自分は崖から落ちていく」

そう理解したかどうかは定かではないが

森田の体は力が抜け、その場に座り込んでしまった

手にはクリアファイルを持っていたが、そこには脅迫文は無かった

しかし、車を見に行くと助手席には隠すことなく

テプラーが貼られた封筒が無造作に置かれていた

動かぬ証拠だ

さらに封筒の中身を確認するため、車の鍵を開けるように促すが

往生際が悪いとはまさにこの事、声にならない声で拒んだ

数人の男たちの中、泣きそうな顔のジジーが座り込む状況は

何も知らない人からは、異様に見えたのだろう

誰かが、警察に通報をし、パトカーが数台やってきた

正直、呼ぶ手間が省けた

警察官に事情を説明し、T署に被害届をだしていることも伝えた

腰が抜けた森田は警官に抱きかかえられ

脅迫文がある車に向かった

 

ランキングに参加中です。ワンクリックお願いします。m(_ _)m


                                

 

関連記事
スポンサーサイト
探偵/いじめ・ストーカーの関連記事


コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tantei1.blog53.fc2.com/tb.php/108-51767c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。