名古屋の探偵主婦のなごやか日記

名古屋在住の探偵主婦なごみが綴る、非日常的な日常

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --    top

離婚の基礎知識 1 

名古屋の探偵団、隊長です。

今日からまた一週間の始まりです。

オリンピックで寝不足の人も多いのでは…


 話は変わりますが、今の日本の離婚率は約30%だそうです。

約3組に1組は離婚するという結果です。

ある調査によると離婚の原因の1位は性格の不一致。

続いて2位・3位は、妻からの場合「夫からの暴力」「浮気」。

夫からの場合「浮気」「妻の浪費」だそうです。


あと熟年離婚も増えてきてますね。

離婚の際、多くの場合、一方から一方へ(普通は夫から妻)

金銭が支払われます。

その金銭は大きく分けて二つ。

一つは「一時金」。慰謝料や財産分与です。

二つめは「定期金」。定期的に支払われる養育費などです。

金額は以前説明した通りケースバイケースです。

この金銭面で気をつけたいことは、

けして口約束にしないことです!!

最初は支払っていたが後に支払いは止まってしまった。

というのはよくある話。

月日が過ぎれば、支払う側の状況も変わり、

支払う気持ちも薄れるものです。

のちのちトラブルにならないためにも「公正証書」と作成する

ことをおすすめします。署名や捺印をして念書にすることでも

かまいませんが、念書では強制執行はできません。

「公正証書」は裁判所の判決と同じ効力をもちます。

支払いが滞った場合には、ただちに相手の財産に対して

強制執行(給料や賞与、貯金などを差し押さえる)ができます。

公証人役場に夫婦で行く必要はありますが、裁判にくらべると

手間も費用もかかりません。

もし協議離婚する際は「公正証書」を作成しましょう。

離婚をする際は、この様な知識がある方が有利になる

ことが多いです。

我々名古屋の探偵団は、悩みを抱えるあなたの見方です。


この記事を1.ためになった 2.ためにならなかった…
どちらでもランキングサイトへワンクリックお願いします。


















関連記事
スポンサーサイト
探偵/浮気の関連記事


探偵/浮気  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tantei1.blog53.fc2.com/tb.php/11-0547356d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。