名古屋の探偵主婦のなごやか日記

名古屋在住の探偵主婦なごみが綴る、非日常的な日常

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --    top

ストーカー事件2-6 

名古屋の探偵団隊長です。

ストーカー事件の続きです。

2-1 2-2 2-3 2-4 2-5

封筒の中身を確認している中、今回の一番の被害者である

E子さんが森田の前に現れた。

E子さんは封筒の中身を確認し、それを森田の目の前に突きつけた。

「私の目の前で、これを読んでみてよ…」

静かな声で、落ち着いた様子に見えた。

その言葉に対し、森田はE子さんの顔を見ることもできない。

「ねえ、私の目の前で読んでって言ってるの」

E子さんは、さっきより大きな声で言った。

森田は、自分で作った脅迫文を見ることもできず、ただうつむいている。

森田は意識は、深く沈み込み、体は抜け殻のようになっていた。

E子さんはそんな森田に対しつづけた。

「読めって言ってるの!!」

声はさらに大きくなった。

言葉を口にするごとに、押さえてきた感情がわき出てきたのであろう。

最後には涙ながらに、森田に感情をぶつけた。

周囲にはE子さんの心の叫びが響いていた。

警察官もさすがに間に割って入り、E子さんを制止した。

気がつくと、最初一台であったパトカーが四台に増えており、

コンビニの駐車場には野次馬も集まりだした。

その後の聴取は警察署で行われることになった。

抜け殻の森田は、相変わらず一人で立って歩くことができず、

警察官に両脇を抱えられ、パトカーに乗せられていった。

その後の森田は、勤務先を懲戒免職となり、

A社とE子さんに対し、かなりの金額を支払うことになった。

それが今回森田が犯した罪の罰である。

「罰」というものは罪を真に受け止めなければ、

ある意味では無意味であると思う。

コンビニの駐車場で、E子さんの叫びは、森田の心に届いたのだろうか?

今回のストーカー事件は、

犯人を突き止め調査としては無事に解決はしたが、

E子さんの心には、一生消えないであろう傷が残ったに違いない。

自分より、肉体的、社会的に弱い人を、

影からジワジワと追いつめる行為(ストーカー行為)を

隊長たちは絶対に許すことができない。

ランキングに参加中です。ワンクリックお願いします。m(_ _)m


                                

関連記事
スポンサーサイト
探偵/いじめ・ストーカーの関連記事


コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tantei1.blog53.fc2.com/tb.php/110-a09aa516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。