名古屋の探偵主婦のなごやか日記

名古屋在住の探偵主婦なごみが綴る、非日常的な日常

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --    top

離婚の基礎知識 3 

名古屋の探偵団、隊長です


調査が忙しく更新が 出来ませんでした


探偵の仕事は夜に動くことが多く、昼と夜が逆転


することがよくあるんですよね


今回の調査も夕方から深夜にかけての調査で


調査を終えると報告書の作成しそれから寝る


起きた ら、現場へ向かうという生活でした


↑更新出来なかったいいわけ ですが(汗)


さて、本題の離婚の知識パート3ですが


今回は調停 離婚です


協議離婚が夫婦の話し合いで決着がつかなかった場合


 家庭裁判所に調停の申し立てをします


 

調停には裁判の様な強制力はありません


 しかし、話し合いがまとまらなかったと言っていきなり


離婚 裁判をする事は出来ません


控訴する前に調停を必ず置かなけ ればいけません


これを調停前置主義といいます


 調停の申し立ての流れは下記の通り


夫婦の話し合いが不成立



 申立書を家庭裁判所に提出



 家庭裁判所から呼出状が届く



 第一回目の調停(以降約1ヶ月間隔で行われる)



 調停成立(調停調書を作成)



 離婚成立 といった流れです


申立の費用は印紙代900円


呼び 出し通知の切手代約800円(各裁判所で異なります)


程度ですます


この離婚調停は、法律的な離婚理由は必要なありま せん


ですから有責者(浮気をした本人など)


からの調停申立 もできます


また離婚そのものに限らず、親権者・監護者、養育費


財産分与、慰謝料、婚姻費用、面接交渉など離婚に 関する


あらゆる問題を同時に解決することが出来ます


離婚の意思は双方合致しているけれど


その他の問題が解決されていないため協議離婚が


できないような場合でも調停を申し立て ることができます


そして、調停によってお互いが納得した場合


調停調書が作成されます


そこには離婚に関する具体的 な合意内容をが記載されます


因みにこの調停調書は判決と同じ効力をもちます


つまり強制執行も可能ということです


 調停調書が作成された時点で離婚は成立していますが


 戸籍に記載してもらうために申立人は離婚届を


調停成立の日から10日以内に提出する必要があります


 以上が調停離婚に関する簡単な説明です


細かく説明するとかなり長くなりそうなので簡単にしました


それに明日から隊長は大阪に いってまいります(忙しい!!)


 たまには何も考えず食いだおれたいもんです


 関連記事


 その1        その2


この記事は 1.ためになった 2.ためにならなかった…


 どちらでもランキングサイトへワンクリックお願いします


 

関連記事
スポンサーサイト
探偵/浮気の関連記事


探偵/浮気  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tantei1.blog53.fc2.com/tb.php/13-9b50d71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。