名古屋の探偵主婦のなごやか日記

名古屋在住の探偵主婦なごみが綴る、非日常的な日常

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --    top

慰謝料請求 その3 

不貞行為を立証する証拠とは何か。

(1)ラブホテルへの出入りの写真。

  ※ 複数回分(2~3回以上)必要になることが多いです。
    デジタルカメラは偽造の可能性があり採用されないことが
    あります。


(2)愛人宅への出入りの写真。

  ※ 密室の空間に男女が数時間滞在(宿泊)の立証の為。


(3)配偶者が不貞を認めたときの会話テープ。

  ※  電話の録音は(盗聴)となる場合もあり
     証拠として採用されない場合があります。


(4)配偶者が不貞を認めたときの書いた紙。

  ※ その時、脅迫行為等があった場合、認められません。


(5)不貞相手からの手紙。(不貞が推認される内容)


(6)第三者の証言。

  ※ あいまいではなく、不貞が認められる内容。


(7)探偵社・興信所等の調査結果(調査報告書)
このようなものが証拠とされ必要になってきます。

しかし、自身やその友人等が一生懸命集めた証拠だとしても、

収集方法等に違法性や不備が認められるとその能力を失う

場合があります。

よくあるデート現場を目撃したというのは、

二人の親密度が推測できるという点では悪くありませんが

不貞行為の証拠という部分については補助的な意味しかありま

せん。浮気調査を自分でする場合、費用の面では

かなり合理的ですが尾行や証拠撮影などは行動が

伴うのでバレるリスクもあります。

尾行の方法にも写真の隠れ撮りにもノウハウがあるため、

それを熟知しておく必要があります。

失敗すると尾行されていることに逆ギレされるか

冷められるかのどちらかです。バレないことが大切です。

バレると、相手は二度と浮気のしっぽを出さなくなります。

多少の費用はかかりますがプロである調査会社に依頼

したほうがベターです。

のちに証拠不十分となり慰謝料の請求が出来なくなる

ことを防ぐためです。浮気に関する事前の情報を

自分で集め、後はプロである隊長にバトンタッチしてください。



関連記事 その1
       その2
       その4


この記事を1.おもしろいと思った 2.つまらないと思った…
どちらでもランキングサイトへワンクリックお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
探偵/浮気の関連記事


探偵/浮気  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tantei1.blog53.fc2.com/tb.php/8-cb8320c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。